個人年金の種類と取扱機関

個人年金とは公的な年金とは違い個人の任意加入により支払われる年金です

財形年金制度(事業主と金融機関の契約による)
財形年金貯蓄
<目的>
55歳未満の勤労者が5年以上にわたる給与天引きにより、60歳以降受給する年金の積み立て。
<特徴>
保険型では385万円、 貯蓄型は財形住宅貯蓄と併せて550万円まで非課税ですふくろ


個人年金の取り扱い金融機関とタイプ>
個人年金のタイプには保険型貯蓄型があります。

保険型個人年金取り扱い金融機関
郵便局郵便局=財形終身(個人)年金保険
ビル生命保険会社=財形(個人)年金積立保険
ビル損害保険会社=財形(個人)年金積立傷害保険

*貯蓄型個人年金取り扱い金融機関*
郵便局郵便局=定額貯金
銀行信託銀行=貸付信託、金銭信託等
銀行銀行=定期預金
ホテル証券会社=投資信託等
ビルその他金融機関=預貯金


個人年金の種類と特徴
*金融商品*
郵便局郵便局=年金保険
拠出期間中に加入者が死亡した場合は一時金を支払い、終身または有期の年金も支払う




参照サイト
[(4)個人年金]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。